読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポケットにりんご

アラサー夫婦と犬一匹、バンクーバーでワーキングホリデー。

ダイソーのヘナでヘアケア、湯シャン族にぴったり。

ダイソーのヘナ、ナチュラルオレンジ。

 

使用手順をまとめて、レポートしてみる。

 


 

ヘナに馴染みがない方のために参考URL貼っておくね。

matome.naver.jp

allabout.co.jp

 


 

まずは前日準備。

 

ダイソーのヘナ。色はナチュラルオレンジ。

 

製品についてのレビューは 記事後半 へ。

 

ビニール手袋とイヤーキャップもダイソーで購入したもの。

 

f:id:irodorino:20150903002942j:plain

 

容器はインスタントのタイヌードルを中身だけ食べた空きカップ。

 

1箱に80g入ってるので、ボブのわたしは1回40g使うことにしている。

 

f:id:irodorino:20150903012604j:plain

 

このヌードルのカップ、フタがついていたので便利。

 

メモ書き、ヘナのスペル間違えてるけど。。(正しくはHENNA

 

容器に色が残らないので再利用し続けてる。

 

量ったヘナに、だいたい150〜160ccくらいのぬるめのお湯を少しずつ注ぐ。

 

割り箸で混ぜて様子を見ながら分量を調整。

 

f:id:irodorino:20150903012836j:plain

 

マヨネーズくらいの固さ、とよく言われる。

 

手ですくって塗るので、垂れすぎず固すぎない程度に。

 

f:id:irodorino:20150903013133j:plain

 

キリよく200gになった。

 

あとはフタをして常温で一晩放置。

 


 

翌日、塗り始める。

脱ぎやすい服装に着替えて、首肩まわりはビニール袋を広げて固定。

 

イヤーキャップをつけて、生え際にはワセリンやニベアを塗る。

 

手元にはティッシュを置いて、肌についたヘナをすぐ拭けるようにしておく。

 

髪を上下左右にブロッキングして、上からまんべんなくヘナを塗っていく。

 

塗る前に頭皮をオイルマッサージするのもいいらしいけど、湯シャンで頭皮の皮脂バランスは悪くないし、絶対必要ではないのでわたしはしない。

 

普段シャンプーしっかりしてる人ならオイルマッサージしておいた方が髪ゴワつかなくていいのかも。

 

 

放置する。

全体に塗ったら、ラップでパックして、だいたい2時間くらい、気分によってそれ以上、放置する。

 

ラップじゃなくてシャワーキャップかぶるのも楽でよさそう。

 

6時間おく人、夜塗ってそのまま寝る人なんかも居るらしい。インドでは半日おくなんて話も。

 

放置中はパソコン作業したり、本読んだり、流す1時間前に半身浴したりしてる。

 

ヘナは身体を冷やす効果があるそうなので、お風呂であたたまるのは良さそうだと思う。

 

 

しっかり流す。

放置したらシャワーで流す、しっかり流す。

 

匂いと色が残りやすいので、とにかくよく流す。

 

シャンプーやトリートメントは使わない。

 

傷みが気になる場合、酢リンスするのはいいかもしれない。

 

この流してる時点で髪が軽くてサラッとしてるのが分かる。頭皮もさっぱり。

 

 

乾かす。

タオルドライする時、タオルに色がつくこともあると聞くけど、ふつうに洗濯すれば取れていくはず。

 

タオルは色モノ使ってるから色移り気にならなかったけど、白いプラスチックのブラシ使ったらすごく黄色くなったから、黒いやつを使うようになった。

 

乾いた髪には無印良品のブラッシングブラシを使ってる。

 

猪豚毛に木柄でお気に入り。

 

ほこりや汚れしっかり取れるからお手入れちょっと面倒だけど。

 

そのため、できるだけお風呂上がりの乾いた髪にしか使わないようにしている。

www.muji.net

 

乾かすとき、ドライヤーは使わないことが多い。

 

目の粗いプラスチックブラシで軽く流れを整えて、濡れた毛先にちょびっと椿オイルつけて、ヘアフレグランス振って、放置。

 

たまにドライヤー使う時は椿オイル→ドライヤー→フレグランスの順番で。

 

以上がひととりの流れ◎

 


 

ちなみに。。 

 

匂いが気になる場合。

ヘナの匂いはリラックスできる好きな匂い。

 

植物!緑!自然!という感じ。畳に近い。

 

けど、お風呂上がりにヘナの匂いがする女性って男性的な目線でいまいち魅力的じゃないし、

 

そもそもヘナしなくても湯シャンだといい香りはしないので、ヘアフレグランスを愛用している。

 

愛用しているヘアフレグランスはヴィーナススパ カプセルヘアフレグランスのピンクのボトル、ローズ&ホワイトフラワー。

 

ノンシリコン、ノンパラベンミネラルオイルフリー。

 



せっかく湯シャンしてるのに、ケミカルな成分スプレーするのはいかがなものかな、と思って辿り着いたのがこれ。

 

香り的にはフィアンセのピュアシャンプーも湯シャン族に人気で良さそうと思ったけど、成分的にヴィーナススパを選択。

 

自然な香りがいい!フレグランスの成分までは特に問わない!って人にはいいのかも。

 

 

いまのボトルが無くなったら、ヴィーナススパの別の香りを試してみようかな。

 


 

ナチュラルオレンジとナチュラルブラウン、成分の違い。

ダイソーのヘナは、ナチュラルオレンジとナチュラルブラウンの2色ある。

 

オレンジの方はヘナ100%、パッケージには「成分/ヘンナ」と書かれている。

 

ブラウンの方はトーンを抑えるためにヘナとインディゴがミックスされており、「成分/ヘンナ、インジゴ、アムラパウダー、リタパウダー、シシカイパウダー」との記載。

 

アムラ、リタ、シシカイというのは、インドで洗髪などに使われるハーブだそうだ。

 

ネットでちょっと検索してみると、

 

アムラはビタミンCやポリフェノールが豊富で、リタのお風呂はアトピーの痒みに効く、

 

シシカイにはサポニンという泡立つ成分が含まれていて血行促進や老化予防に効く、なんて情報が見つかる。

 

 

なるほど、洗髪効果も期待するならブラウン使ってみるのもいいかもなぁ。

 

 

湯シャンの経過とヘナの美髪効果。

かれこれ4月から半年近く湯シャンを続けている。

 

その期間シャンプーしたのは3回だけ。

 

ヘアカットの時に2回と、お盆中に2日続けて海に潜った後に湯シャンではどうしても満足できずに1回おばあちゃんちにあったメリ●トを使った。(その後抜け毛が増えて頭皮ベタついてひどく後悔した)

 

それはそうとて、夏の湿気が気になりだした頃に友人から「ヘナがいいらしいよ」との情報をもらったのが、ヘナを使い出したきっかけ。

 

美容院の自然派カラーリングでちょっと高いというイメージだったけど、ダイソーのヘナのコスパと口コミの良さに驚き。

 

頭皮がさっぱりする、髪質が改善するとの効果を期待して、今回含めて4回試してみた。

 

すると、細くて柔らかくて絡みやすかった毛にコシが出てきてブラシ通りが良くなったと思う。

 

ヘナした後の頭皮のさっぱり感も気持ちいい。

 

回数を重ねるごとに毛のツヤが良くなってるような気もする。

 

髪をまとめる時も、扱いやすさが違うと感じた。

 

ヘナがタンパク質と結合する時、髪の表面にもからみ付いて薄い皮膜を作って髪の表面を覆い、髪内部の保水力を高めます。

ヘナって何?女性の髪にやさしいってホント? [髪の悩み・対処法] All About

 

とのことなので、ケミカルなシャンプー・トリートメントを使わない湯シャン族にはぴったりのヘアケア用品だと思われる。

 

肌や髪の健康に配慮するだけでなく、見た目の美髪効果も与えてくれるのだもの。

 

ヘナで髪色はどうなったか。

わたしの髪はボブで、ちょうど上半分が何もしていない地毛、下半分はパーマやカラーリングを受けた後で最終的に暗く染められた髪。(ロングからダメージ毛をばっさり切って健康な毛がにょきにょき生えてきている状態)

 

差はそこまで目立たないけど、光の加減によってツートーンのように見えることもある。

 

ヘナしてすぐの数日は全体的にけっこう赤みが強かった。光が当たると特に分かる。

 

数日過ぎて色が落ち着いてくると、地毛の方の色味はそんなに気にならなくなるけど、下半分のカラーしてた毛は赤みが残ってるな〜って感じ。

 

もともと地毛は真っ黒ではなくて、色素薄めで細くて退色しやすいタイプなので、上下の差はそこまで馴染みが悪いわけでもない。

 

全体的に茶っ気のある黒髪、毛先の方が赤みのある茶色という感じ。

 

ヘナナチュラルブラウンの方で赤みはマシになるのかな〜。

 

次はそっちを試してみよう。